椎間板ヘルニアを改善するために

椎間板ヘルニアを改善したいのであれば、まず自分がどういった状態なのか?
それをしっかりと調べる事が大事です。
でなければ、原因ははっきりしませんし、それに対処する事も出来ません。

 

椎間板ヘルニアは主に以下のようなパターンがあります。

 

 

・神経根圧排型椎間板ヘルニア

 

神経根が椎間板ヘルニアに圧迫されている状態ですね。
椅子に座ったり、中腰なんかで痛みを感じる事が多いのが特徴です。

 

神経根圧排型椎間板ヘルニアの場合は保存療法から始めますが、
あまり効果が出ないことが多いですね。

 

 

・神経根絞扼型椎間板ヘルニア

 

脊柱管の骨や黄色靭帯が肥厚して、 脊柱管と椎間孔が狭窄しているところに椎間板ヘルニアがおこったものです。

 

ちょっと専門用語が多いので、解りにくいかもしれませんが。
狭くなった部分にヘルニアが起こってしまい、それで圧迫している状態です。

 

だから、腰を曲げても伸ばしても痛い状態です。
痛みやしびれを感じて、歩くことも困難になります。

 

こういったことは病院でMRIなんかでしっかりと調べてくれます。
病院での治療はたしかにいまいちですが、こういった部分はしっかりと使って調査すべきです。
自分の痛みの原因の部分はここである。というのを断定しておくべきですね。

椎間板ヘルニアを改善するにはどうしていくべきか

ではこの状態をどうしていくのがいいのか?
手術がいいのか、それともブロック注射がいいのか?

 

 

『どちらも治療には使いたくない!』

 

 

これが本心です。

 

まず、ブロック注射はその痛みを和らげる事のみに意味があります。
たしかにその瞬間痛みは和らぎますが、また再発するのは決定的です。

 

麻痺させますからね。そういう意味では・・・・
どうしても耐えられない限定的な痛みにたいしては使っていいと思います。

 

ただ、繰り返し使わないって事と、治療とはまた別であるってことを知っておけばいいかと。

 

 

さて、本題の手術ですが、確かに昔に比べると技術は進歩しています。
内視鏡を使ったりで患者さんへの負担は減ってきています。

 

ですが、患者さんの負担は減るということは、術式は難しくなっている。
ここは当然ですが知っておく必要があるでしょう。

 

切開部分が狭くなるという事は・・・

 

 

『視野が当然狭くなる』

 

 

という事。それってそれだけで難しくなりますからね。
だからこそ、私にも名医を紹介してくださいって話が来るんです。
そう、そういった一部の特別な方以外のリスクというのは・・・・非常に高いです!

 

 

でも私がなぜそこまで手術を嫌うのか?
実際にどんな治療での体験があったのか?
あまり表には出ていない手術体験記などをぜひ読んでみて参考にしてみて下さい。

 

 

椎間板ヘルニア手術をなぜ私はするなと言うのか?

 

 

私達が手術を避けた治療を行うのがわかると思いますよ。
ちなみに私はこういった方法で完治させています。

 

私達が1日5分で脊柱管狭窄症を完治させた方法はこちら

 

やはり安心できますし、なんと言っても自宅でできるのがいいですよね。
しっかりと毎日改善していきましょう。

椎間板ヘルニアの手術は確かに進歩しています。ラブ法や経皮的髄核摘出術。また経皮的レーザー椎間板減圧術など技術も進歩していますし、内視鏡などで負担も減っています。確かに患者さんの負担は減っていますが、あることを見落としていませんか?術後の経過のことばかり考えて、肝心の椎間板ヘルニアの手術の難易度は上がっているんです。未だに椎間板ヘルニアの手術で症状が緩和されないなんて話はしょっちゅうです。それぐらい神経部分の治療は難しいのです。相当に狭い視野の中で神経と隣り合った部分にメスを入れる。そういったリスクがあるからこそ、名医の手術に頼ろうとするんです。でも実際に名医の治療を受けられる人はごく一部。だから患者さんの数が減らないんですね。そういった椎間板ヘルニアの手術のリスクをしっかりと理解して、その中で安全に完治できる治療方法を模索する必要があります。

 

ヘルニア手術